国賊大村知事やめろ!愛国者総決起大会開催

参加者一同

9月6日、愛知県護国神社内にある桜花会館で「大村売国県政打倒愛国者総決起大会」が開催され、近隣自治体の地方議員をはじめ、あらゆる垣根を越えた、たくさんの仲間が集い会場は満員になった。わが党からは、編集部の九十九晃記者が登壇し、鈴木信行代表のビデオメッセージも流れた。

同集会は「愛国者の結集」をテーマに開催され、登壇した伊東富士夫氏、山下俊輔氏、九十九晃記者、小林宏助氏、西村斉氏、瀬戸弘幸氏は、代わるがわる大村知事の退陣に向けた運動を進めようと訴え、愛国者は「超党派」で連帯しようと呼びかけた。最後は柘植雅二愛知支局長の先導で参加者全員で「大村売国知事を辞めさせるぞ!」「愛国者は戦うぞ!」とシュプレヒコールを上げた。

同集会の終盤、高須克弥氏が会長を務める「お辞め下さい大村秀章愛知県知事愛知100万人リコールの会」の原邦芳事務局次長がリコール署名を呼びかける場面もあった。リコール運動について、「維新の会の傀儡だ。あんな市民活動と一緒にするな」と妨害まがいの発信を続ける陣営もあるという。

しかし、リコールは公職選挙法に基づく正当な政治活動であり、国民の怒りを署名の数として大村知事に直接届けることが出来る手段だ。わが党は党声明に基づき支援する立場を改めて表明する。