【現場ルポ】クラスターフェスに猛抗議!

コロナばら撒く平塚正幸を許すな!

平塚正幸(国民主権党党首、前都知事候補)は令和2年8月15日、JR渋谷駅前の広場を占拠し、新型コロナウイルス武漢肺炎の感染拡大を推奨、歓迎する「クラスターフェス」なるイベントの開催を強行した。

「クラスターフェス」なるイベント

酷暑を前にふざける余裕もなさそう……。

立ち上がる右翼民族派

日本国民が武漢肺炎と戦いながら経済活動を再開させようとしている最中での暴挙である。これに憤慨したのが「平岡道場」の平岡元秀氏だった。「平岡道場」は、街宣車でスクランブル交差点ハチ公付近に乗り付け、クラスターフェスの騒音を掻き消した。

「平岡道場」の街宣車

連帯する日本国民党と仲間たち

鈴木信行代表(葛飾区議会議員)も党員有志とともに現場へ急行。マイクを握った鈴木代表は「馬鹿なことやってるんじゃない!」「こんなの運動でも活動でもないだろ!」と怒りをあらわにした。

。マイクを握った鈴木代表

党員有志は拡声器を使い、平塚正幸に肉薄するなど機動力を活かした抗議活動を展開。

「コロナはただの風邪」というのぼり

演説後は、党員有志らと平塚正幸に中止勧告をするも、平塚氏の逃げ回る姿がカメラに収められるばかりだった。

フジテレビ系「とくダネ!」

※フジテレビ系「とくダネ!」(令和2年8月17日放送)より
左から、九十九晃党員、鈴木信行代表、平塚正幸

女性を盾に逃げる主催者

今回の一連の抗議で露呈したのは平塚氏の情けないばかりの逃げ腰の姿勢だ。インターネット上では、非常に戦闘的な姿勢で意気込んでいたが、ハチ公前広場ではその勇ましい姿を見ることは叶わなかった。右翼民族派や日本国民党有志との話し合いの呼びかけに対して「国民主権党」の腕章をつけた女性を盾に用いて、自身は「信者」たちの輪の中から動くことは一切なかった。この女性のような勇敢な姿勢があってこそ、奇をてらった運動だとしても、本気で社会変革に取り組む覚悟を内外に訴求できるのではないだろうか。「党首」なる平塚もこの女性の爪の垢を煎じて飲んではいかがだろうか。

「国民主権党」の腕章をつけた女性

※エンタメ映像チャンネル「8.15国民主権党『平塚さんが来ないから勇気ある女性が来ました。』」もご覧ください。

渋谷区はクラスターフェスを正面から対応せよ!

鈴木代表は、抗議後の総括で警視庁・渋谷警察署とのやり取りを明らかにした。鈴木代表は、月曜日から渋谷区側とクラスターフェスについて協議するとの言質を得て、当日一旦矛を収めることとした。しかし、当局が誠実な対応を取らなければ次なる段階へと進む。

渋谷駅ハチ公広場は、渋谷区が所有している。当該区域は区の道路区域とみなされているため、8月17日、日本国民党では、ハチ公広場の管理を担当する渋谷区役所土木部管理課占用係に対して質問。担当者は「クラスターフェスは認識している。渋谷警察署と協議するが、どのように対応するか決まっていない」と回答した。

このような行動がハチ公広場で繰り返されているにもかかわらず、渋谷区の職員が現場の視察すらしていないのは行政の怠慢だろう。事実、平岡道場は、8月15日当日だけではなく、それまでに幾度となく渋谷区役所および渋谷警察署など関係機関に対して注意喚起や働きかけなどを行ってきた。その上での行動である。日本国民党は新型コロナウイルス武漢肺炎と国民が闘う中での暴挙を許さない姿勢を明確にし、今後も多方面から取り組む。

17日までに得られた渋谷区からの回答としては、「どこが対応するか決まっていないが、渋谷警察署など関係機関と連携して対応していきたい」との紋切り型の対応で及び腰だ。渋谷は東京屈指の繁華街。スクランブル交差点やハチ公広場は、まさにその中心。他区にとっても他人事ではない。

最後に付言しておこう。新型コロナウイルス感染症(武漢肺炎)が日本国内において安定的に抑え込めている要因ははっきりしていない。8月17日現在、米ジョンズ・ホプキンス大の集計によれば、世界では77万もの人々が新型コロナウイルスによって亡くなっている(中国政府発表に基づく中国国内の死者数4703名を含む)。

どんなに日本国内で抑え込まれていても、人を死に至らしめる病気であることに変わりはない。新型コロナウイルスの強弱の問題と、「感染歓迎」と自ら進んで「クラスター」を組み上げることは全く別問題で、議論の履き違えに他ならない。

渋谷区役所 TEL:03-3463-1211

渋谷警察署 TEL:03-3498-0110

当日の動画