竹島の日東京集会開催される

国会議員と共に鈴木代表も登壇

「県土・竹島を守る会」は20日、島根県が制定する22日の「竹島の日」を前に、韓国が不法占拠し続ける竹島(島根県隠岐の島町)返還を訴える集会を国会内参議院議員会館で開いた。集会では政府主催の式典開催を求める厳しい声がいくつもあがった。

今年は昨年よりも多い国会議員が議会会期中にも拘らず出席したが、最後まで残ったのは新藤義孝衆院議員、杉田水脈衆院議員と我が党の鈴木信行代表だけであった。鈴木代表は「韓国入国禁止になって8年目、指名手配されて7年目の鈴木信行です」と切り出し挨拶した。最後に村田春樹氏が「竹島を取り戻すぞ!」「韓国の議員は土下座して謝れ!」と皆でシュプレヒコールをして盛況の内に閉会となった。