日韓国交断絶国民大行進、挙行される(九十九晃)

天皇陛下謝罪要求発言、レーダー照射許すまじ!

日韓国交断絶国民大行進

平成31年2月17日(日)、日韓断交共闘委員会の主催により、「さらば韓国!2・17日韓国交断絶宣言国民大行進」が開催された。

出発にあたり、東京都中央区にある常盤公園において、代表世話人である九十九晃から「国民総意で日韓断交を!」と挨拶。続いて、鈴木信行代表、桜井誠氏、有門大輔氏から連帯の挨拶メッセージを読み上げた。また、協賛団体である自由社会を守る国民連合 瀬戸弘幸理事長が日韓国交断絶をヘイトスピーチと混同して批判するのはナンセンスとの話があり、正当な政治活動であると鼓舞した。

新宿区議選推薦候補予定者の堀切笹美氏が決議文「日韓国交断絶宣言」を力強く読み上げると参加者のボルテージも極限まで上昇し、盛大な拍手を以って決議。行進スタート時に、わが党が誇るマイクロバスの街宣車から山桜桃花氏の「日韓国交断絶宣言国民大行進出発!」と力強く声があがり、百人の大行進が勢いよく出発した。道中、いわゆる「カウンター」と呼ばれる勢力の妨害に遭うも、私達が山桜桃花氏の力強いコールと共にそれらを無力化した。怒涛の「日韓断交!韓国粉砕!」コールが木霊し、銀座の街を私達のカラーで染め上げた瞬間と言えよう。

解散地点の日比谷公園では協賛団体挨拶として東国保守の会 道添隆寛、川井誠二郎両共同代表から挨拶を頂く。道添氏からは現場に小坂和輝中央区議も来ており、妨害に加わっていたと報告を受けた。最後は「日韓断交!韓国粉砕!」と全員で唱和し、国民大行進は無事に貫徹した。

平成24年6月より日韓断交共闘委員会は国交断絶を訴えるべくデモを全国で継続してきています。今回のデモは「竹島の日」を前に平成の御代に於ける最後の日韓断交デモだろうと思います。まだまだ未熟者である私に対して、温かく支援の手を差し伸べてくださった鈴木代表や街宣車の運転役を引き受けて頂いた山本次長、大阪での代表世話人の川東政策委員長をはじめとする党内外の諸先輩方の皆様にこの場をお借りして心より感謝申し上げます。

(九十九晃)

日韓国交断絶国民大行進