群馬の森朝鮮人慰霊碑抗議街宣に参加

抗議街宣

9月12日、群馬の森の朝鮮人碑の撤去を求める県民の会主催の抗議街宣に鈴木代表らが参加した。この裁判は3年半の間、群馬県前橋市にある前橋地方裁判所でおこなわれた。

群馬県議会は自民党も公明党も朝鮮人追悼碑撤去を決議しているのだ。これは民意が撤去を求めているに等しい。

地裁判決では、朝鮮人追悼碑を守る会側のルール違反を認めた。「強制連行」との文言は政治的発言とした。でも今回は撤去までは勘弁してやれ。という判決だったから原告被告とも納得できなかったのだ。高等裁判所ではきっちりとけりをつけ、群馬の森から記名のない嘘の慰霊碑を撤去させたい。

抗議街宣

前の記事

豊橋講演会を開催