日韓国交断絶国民大行進開催(九十九晃)

新宿を行くデモ隊

新宿を行くデモ隊

韓国食品排撃「無鮮飲食」掲げ大々的に

2月18日(日曜日)日韓断交共闘委員会が主催で「竹島奪還!日韓国交断絶国民大行進in帝都」(代表世話人・九十九晃)が開催されました。

今回は『無鮮飲食推進運動第一弾!無鮮飲食のススメ』と題して、辛ラーメン、韓国産魚介類、ロッテ製品などの韓国産食品の不買を大々的に呼びかけました。

最初の集会では私や堀切笹美氏から挨拶をした他、涙を呑んで参加を断念された村田春樹氏の連帯の挨拶を読み上げました。締めには韓国入国禁止、葛飾区議の鈴木信行日本国民党代表から挨拶を頂きました。

挨拶に立つ鈴木代表

挨拶に立つ鈴木代表

日韓断交実現に向け燃える参加者のボルテージが上がっていきました。

四列縦隊になり、断韓、攘夷、排害、巨大幟など懐かしい旗が日韓断交デモにはためきます。「竹島奪還!日韓国交断絶国民大行進! 出発!」の掛け声でデモ隊は勢いよく出発しました。

1200ワットの圧倒的な音量を誇るマイクロバスがデモ隊を先導!途中、卑劣な妨害勢力が沿道から襲って来ましたが、なんてことは無い、いつものことです。

まるで仲良しサークルのように運動としての大義がなく、想う祖国が日本ではないであろう彼等に我々を止めることなど、笑止千万!絶対に不可能です。

むしろ、参加者の士気は最大限に高まりました。

新宿の繁華街を旭日旗や様々な幟がはためく日韓断交デモが行進し、我々こそが新宿を染め上げたと言えます。

解散地点付近では、山桜桃花氏による、圧巻の熱いコールが新宿中に響き渡りました。

最後の集会でも鈴木信行代表より総括の挨拶を頂きました。今、必要なのは日韓断交をする覚悟です。竹島を奪還し、強い国をつくりましょう。

(九十九晃)