【党声明】友好国ではなく敵国=韓国艦船を撃沈させよ!

さる12月20日午後3時頃、能登半島沖で韓国海軍駆逐艦から海上自衛隊のP-1哨戒機が火器管制レーダーを照射されたと防衛省は発表した。

韓国がいくら抗弁しようと、このような行動は、積年の反日政策の結果として当然である。

日本国民党は、わが国政府に対して韓国がこのような敵対行動を今後とればただちに全力を以て反撃撃沈させるよう求めるとともに、韓国が「友好国」ではなく「敵国」であると認識を改めるよう強く要求するものである。

 

平成30年12月22日

日本国民党

代表 鈴木信行