所属議員

太田 太
太田 太
中央区議会議員
昭和47年3月22日生。東京生まれ青森育ち。参議院議員秘書として通算8年勤務。令和元年中央区議会議員初当選。佃リバーシティ自治会防災顧問。佃島小・佃中学校防災地点副委員長。自衛官募集相談員。新しい歴史教科書をつくる会会員。史実を知り日本人としての誇りを取り戻そう!
鈴木 信行
鈴木 信行
葛飾区議会議員
昭和40年8月5日生。生まれも育ちも東京都葛飾区鎌倉。葛飾区立鎌倉小学校、葛飾区立奥戸中学校卒業。靖国神社清掃奉仕有志の会代表。海洋アジアの絆実行委員長。韓国ソウルの日本大使館前売春婦像に「竹島の碑」を縛り、韓国世論が激高。入国禁止措置・指名手配を受けた。
須田 まさる
須田 まさる
渋川市議会議員
国士舘大学政経学部卒。赤城村議を3期務め、合併後の渋川市議4期目。青年時代より祖国と地域住民に貢献したいと願い、思想運動だけでなく地域が持つ問題に取り組んできた。いま渋川市の一番の問題は過疎化であると考え、故郷再生と若者が夢のある将来を築けるよう力を入れている。

所属議員5名

役員

鈴木 信行
鈴木 信行
代表
昭和40年8月5日生。生まれも育ちも東京都葛飾区鎌倉。葛飾区立鎌倉小学校、葛飾区立奥戸中学校卒業。靖国神社清掃奉仕有志の会代表。海洋アジアの絆実行委員長。韓国ソウルの日本大使館前売春婦像に「竹島の碑」を縛り、韓国世論が激高。入国禁止措置・指名手配を受けた。
小林 芳夫
小林 芳夫
副代表
寺武 清重
寺武 清重
事務局長
20歳で入った会社が即倒産。以後、派遣会社を転々としながら、社会のどこへも帰属意識を持つことができなかったことから、最終的に信じられるのは国家だけという結論に至った。典型的なロストジェネレーション。社会の不条理を、日本国民党を通じて正したいと考えている。
荒木 紫帆
荒木 紫帆
組織統制局長
昭和40年9月9日生、山梨県出身。10代の頃、居合道場に通ふうち、我国の歴史伝統、軍備、教育などに興味を持つ。高校卒業後上京。専門学校で平面デザインを学ぶ。趣味で絵画公募展に作品を出品する中で、画壇も含め我国の左傾化に気が付き愕然。平成10年、新しい歴史教科書をつくる会への入会を切つ掛けに政治活動に目覚める。
川東 大了
川東 大了
政策局長
昭和46年7月3日生、大阪府出身。太成高校卒業。平成21年より政治運動に参加。京都第一朝鮮初級学校による勧進橋児童公園占拠問題、徳島日教組募金詐欺疑惑、部落解放同盟・水平社博物館などに果敢な抗議をおこない、何度も逮捕・有罪判決を受けるも挫けることなく運動に邁進し続ける。平成31年枚方市議選で973票を獲得。
金友 隆幸
金友 隆幸
情報宣伝局長
昭和60年8月27日生、岡山県出身。国士舘大学在学中より政治運動に参加。平成22年より在日中国人問題への運動に取り組む。平成23年に外山恒一賞(第1回)を受賞。日韓国交断絶国民大行進など様々な運動を手掛ける。著書に『支那人の日本侵略』(日新報道)がある。
篠崎 まゆみ
篠崎 まゆみ
婦人部長
つげ まさじ
つげ まさじ
幹事・組織統制局員(東海ブロック担当)
昭和29年8月11日生まれ。日本国民党愛知支局長。平成19年第21回参議院選挙に愛知県選挙区で出馬。我ら国民に損害を与える、戦後体制と国内外の反日勢力に、決然と凛々しく戦い続ける日本男子です。歯に衣着せぬ物言いが定評です。
八木 康洋
八木 康洋
政策局長補佐
在日特権を許さない市民の会・現会長。その他、救う会いばらき等で愛国活動を行っている。活動を始めたのが平成20年頃からで、以来、鈴木代表の靖國神社清掃奉仕有志の会にはほぼ毎回参加している。党活動と国民運動の両輪で國體護持・奸賊打倒に向けて日々邁進している。

組織図

日本国民党組織図